収益性の上がるホームページ制作のご提案

ホームページ販促のためには、HTMLの本はもちろんマーケティング関連本を読まなくてはなりません

ホームページで販促をする場合、

  • デザインセンス
  • HTMLの知識
  • Google対策の知識
  • マーケティングの知識

が必要となります。

この中で上から3つは少し勉強することで簡単に技術を身につけることができるのですが、マーケティングに関する知識は、そう簡単には身につきません。

売りたい、という気持ちを横に置いて、お客様との関係を客観的に分析しなければならないのですが、たいていの方はここでつまづいてしまいます。

分析するのが面倒な上に結果を焦るからです。

また、買いたい、お願いしたい、といった感情にさせるにはコツが必要です。

この分野は、心理学者のダニエル・カーネマンがノーベル経済学賞を受賞したことで有名になった行動経済学という学問があり、多くの本が出版されています。

ここでは、マーケティングを知るためにおすすめな本や、これまで読んだ本を紹介していきます。

マーケティングを知るためにおすすめな本


モノは感情に売れ!

行動経済学の応用本。行動経済学の基本はネットでも学ぶことができますが、その知識を活かそう、と思ってもなかなか上手くいきません。それは、実践的な知識が足りないため、応用が効かないためだと思います。この本は、行動経済学の応用、すなわち扱い方について詳細に書かれています。


「モノは感情に売れ!」著者の橋本之克さんからメールが届きました!

ブログに記事を書いたところ、著者の橋本之克さんからご丁寧にお言葉をいただきました。


朝日おとなの学びなおし 経済学 鈴木敏文の実践!行動経済学 (朝日おとなの学びなおし! 経営学)

株式会社セブン&アイ・ホールディングス名誉顧問の書かれた本。セブンイレブンがなぜ強いのか?理解することができます。


なぜ、それを買わずにはいられないのか?ブランド仕掛け人の告白

売り方を知ることができる本。買いたい、と思う気持ちにさせないとモノはなかなか売れない、ということです。


かんたんフォトLife これからはじめる商品撮影の教科書 ~あなたも「プロ級写真」が今すぐ撮れる!

ネット用写真の撮り方がわかる本。ホームページでは、写真の説得力が大きいです。

マーケティングに関しこれまで読んだ本

マーケティングに関する本を中心に販促に役立つ本を紹介していきます。最近読んだ本から20冊ピックアップします。