収益性の上がるホームページ制作のご提案

vivipriプリント

最近、お気に入りのDPEはvivipriさん。

半額キャンペーンの時は、注文してもなかなか手元にこなかったのですが、今回は早い!今回は8日に注文したところ、10日発送。メール便で昨日ポストに入っていました。

FJ310019

上がりもなかなか。お値段以上だと思います。以前に比べ、彩度は押さえ気味といった感じでしょうか。有名なDPEショップに出せば、もう少しキレイな上がりになるような気もしますが、キャンペーン価格の4倍も払う気にはなれない。スナップ写真は枚数があってこそ楽しめるというもの。

それにしても格安料金でどのように運営しているのか不思議なところ。単価を安くしてその分、量で稼ぐっていっても人間の能力には限界はある。現場は大変なんだろうなぁ〜、と逆に心配になってしまいます。

さてDPEですが、なぜわざわざデータをプリントするか、といえば、紙の方が手軽に見られる上に、選別してプリントアウトしたものは情報の価値が違うことが挙げられます。データは、記憶媒体にコンパクトに納まる上に劣化しない長所があるですが、情報は埋もれていくことが多い。埋もれていく、とは、忘れ去られていくこと。一生懸命撮影してもデータ保存のみの場合には、撮影した、という行為しか残らないような気がします。

また、プリント用紙の風化も味のあるもの。紙からノスタルジーを感じ取れるのが楽しいのです。

多分、電子書籍なんかにもいえるのだろうと思いますが、電子媒体だけで見る情報ってのは、見ているようで見ていないような気がします。情報は質感が伴わないと、生きたものにならないような気がしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です