収益性の上がるホームページ制作のご提案

ドライアイは自分で治す努力で治る

久々に本を買った訳

ドライアイは自分で治す努力で治る
石川 秀夫著

年間多くの本を読むのですが、自分で本を買ったことはほとんどありません。本屋はよく行くのですが、ほとんどは雑誌や新刊の立読み。新刊なんてのは図書館で待っていれば必ず自分の番がきて読むことができるから。話題となった本は図書館の予約順も3桁になり、自分の番が来るまで1年以上要するのですが、逆にブームが去ることで冷静に本と向き合うことができる、というメリットもあります。

出版会社のヤラセというか、販促活動のおかげで読者側がかなり躍らされているような向きもあります。それだけ、本というのは旬の時代が短いので、売れそうな時に売ってしまわなければならないのでしょう。

さて今回、久々に本を買いました。それが「ドライアイは自分で治す努力で治る」。パソコンをやっていると目が乾きぎみになります。今日は仕事が詰まっていたので、朝1時くらいから仕事をはじめたのですが、営業活動がなかった分ずっとパソコンに向かい、15時間以上はモニタを見続けていました。当然、目は疲れるし、ドライアイにもなる。いつもは目薬でごまかしていたのですが、何とかならないものか、と常々考えていました。

インターネットにて「ドライアイ」で検索をかけたところ、またばきに関する動画を見つけたのですが、その元をたどって行くと沖縄県にある眼科医の先生のホームページにたどり着きました。

石川眼科医院

そのホームページを読んでいる内に自分の症状が「瞬目不全」なのだ、とわかりました。

この先生のビックな理由

実は、この石川秀夫先生。ドライアイに関してお悩みサイトに投書されている方にご丁寧に、回答されています。世の眼科医はドライアイの起こる理由をよくわかっていない、と。まばたきやマイボーム腺の診断に関しては保険点数の設定がないので医者は関心がない、と石川先生以外の方が掲示板で書いていらっしゃったのも見かけました。そういった意味で、石川秀夫先生はは、儲けに振り回されることなく世の中でドライアイで悩んでいる人を助けよう、という強い意志があるのかもしれません。

石川眼科医院のホームページを見ると、瞬目不全ならび、眼輪筋の鍛え方に関するビデオをアップしてあります。本をわざわざ購入しなくても、インターネットのサイトや動画を見れば大体のことがわかるような気がするのですが、なんとなく石川秀夫先生の話を聞いてみたいなぁ〜、といった気持ちになり、ついつい本を購入してしまいました。

自分の心理を分析

モノを買う際、自分の心理を客観的に見ることは、販促の際に非常に役に立ちます。販促にまつわる方々は、自社商品を売りたいといった視点から販促物、例えばインターネットのサイトだったり、チラシだったり、を作るのですが、実際にモノを買う消費者との間には隔たりがあることが多いです。特にマズいのがキレイな販促物を作ろう、とすること。販促物に高級感を漂わせることは、ターゲットが富裕層でない場合、かえって不快感を与えることにもなります。

さてこの本ですが、石川先生独自の理論であること。ホームページにもある程度の内容が載っているが、もっと情報がほしい、と思ったこと。例え本を読んだ後「なんだ、ネットの情報と一緒じゃん」と思っても、です。こうなると私自身が石川秀夫先生に信頼を置いた、ということなるのですが、この信頼関係が商売では必要なのだろう、と思います。

ホームページのデザインはそれほど凝ったものではないのですが、情報はギッシリ詰まっています。まだ、動画サイトでは「hideoishikawa」で多くのビデオをアップしておられます。それら一つ一つが信頼を生むのだろう、と思います。

また文章や、動画サイトで話されている先生の口調から、信頼してもよさそうな方だ、と思えそうな気になってくるところが不思議なところ。儲からないかもしれないが悩みを解決したい、といった気持ちの現れが形になって出てくるのかもしれません。

さて仕事で人と話していると、仕事内容よりもお金のことが主体になっているなぁ〜、と思えるような人がいます。お金に対する執着のある方は見栄、すなわちハッタリをかますことで、富裕層の気持ちを引きつけお金を引き出す戦略をとるのですが、そういった気持ちは本人が意識していなくても何となく文章や会話の端にあらわれるもの。

この先生もお金の執着が全くないか、といわれればそんなことはないのですが、優先順位が極めて低いように思われます。

本日、Amazonで購入したので本はまだ手元にないのですが、ドライアイの解消と共に、先生の思いに触れられるような気がして、本が届くのが楽しみ。この気持ちをもたせるのが「商売の基本」なのだろう、と思います。

Comment (1)
  1. 石川 秀夫 より:

    Amazonでの著書のご購入ありがとうございます。

    久しぶりに「ドライアイは自分で治す努力で治る」をキーワード検索してびっくりしました。

    最大の賛辞を戴き感謝します。

    しばらくその筋トレをやって見てください、疑問があればいつでもメールください。

    しばらく筋トレやった後カスタマーレビューに正直な感想をお願いできれば幸いです。

    それからその本を書いたときには知らなかったのですが「あずきの力目元用」
    これは目を温めるグッズとして大変便利です。

    ホットタオルがもっとも安上がりなのは当然ですが200回使えて700円は只みたいなものです。私もお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です