収益性の上がるホームページ制作のご提案

販促の基本は「あなたの側から離れない」

販促の基本は「あなたの側から離れない」

世の中の販促グッズを見ていると、企画がよく練られているなぁ〜、と感心させられるものがたまにあります。企画がよく練られている上に、デザインも洗練されているものもあるのですが、ここまでくると、逆に「よくやるよ。」と呆れてしまう感じにもなったりもします。電博といった大手広告代理店ならわかるのですが、一般の代理店や印刷会社などが、これだけやって、一体いくらお金が貰えるのだろう、いった具合で、販促グッズに感動する前に、頭の中で勝手にソロバンを弾いてしまいます。こんな仕事が舞い込んできても、安くさせられるだけだ、と逆にこんな仕事なら来ないことを祈りたくもなります。

販促の基本に関して自分の中でいくつかの法則をもっているのですが、「あなたの側から離れない」グッズは、強力です。人の注目を集めることは一番大事なのですが、その後、いかにその興味を惹き付けておけるか?ってレベルまで考えないと、一流の販促とはいえません。販促で効果が上がらない場合、価格設定や、デザインといった表面的なところにこだわりすぎて企画をおろそかにしているものが多いです。

最近、スマホサイトの依頼がきたのですが、これを例に考えてみます。

単にスマホサイトを作っても無駄

依頼を受けた先から、過去にスマホサイトの相談を受けたことがありました。その時はスマホがブームの頃だったので、スマホ用サイトの制作を望んでおられてたのですが、あえて制作しないことを勧めました。というもの、その頃はスマホを持っている人はSNSに忙しくて、スマホ向けサイトを作っても見る人がいない、と判断したため。そんなときは、作ったところで無駄なのです。

では、SNSブームが一段落した今、スマホ向けサイトを見る人は増えたか?といえば、それほど増えているとは思えません。横ばい、あるいは減少しているかもしれません。そんな中、なぜ今、スマホ向けサイトを作るのか?

販促の基本の一つに「あなたの側から離れない」ってのがあります。何かを買おう、と思った際、過去に得た情報から選択することになるのですが、記憶に残っていないと最終選考に残らないのです。

世の中の人たちは、ホームページで数社検索をかけてモノを買う、と思いがちなのですが、そんなに甘くはありません。普通はじっくり寝かせ、どうしようか悩み、迷う時間があります。

スマートフォン制作

スマホ向けサイトをつくる意義ってのは、どこにいても見ることができることによって消費者の最終エントリーに残りやすくするため。外出先でも、布団の中でも、気になったとき、スマホでそのお店の情報を引き出すことができれば、お店の情報は、その人の記憶の中に留めておくことができます。思いを募らせた末に、人は購買に向かうことを考えると、記憶に残すための工夫は重要です。

スマホ向けサイトは、それほど凝ったものである必要はありません。記憶に残りさえすれば十分。それよりもどの部分を記憶に残してもらいたいか?と考えるのが重要でして、これは販促の企画の仕事の範囲です。

販促の企画というと、「飛び出すパンフレットを作ろう!」とか「キャンペーンガールを使おう!」なんて派手派でしいイメージを考えがちなのですが「費用を抑たものを作り、浸透度合いをみる。」ってのも立派な企画。企画さえしっかりしていれば、費用を掛けたものと同じ位のパフォーマンスを望むことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です