収益性の上がるホームページ制作のご提案

HPで急成長の会社を作りました

ウリを見つければ大ハズシしない

HPの仕事をさせていただいている中で嬉しいことは何か、と問われたら、仕事で対価をいただくこと。これは当然のことなのですが、さらに嬉しいことがあります。それは、HPを出したことによって反応が得られた、という話。こちらの方が対価をいただく方より嬉しくなってきているかもしれません。

HPを作る目的は、お店、会社の紹介だったり、商品、サービスの告知だったりします。それは当然のことでして、割り切ってそれだけすればHPの仕事としては合格なのですが、HPを通してなんらかの反応を得てもらいたい、と願い、打ち合わせや制作をしております。依頼を受けても、作る目的が見栄の場合には仕事をお断りする場合があります。見栄でホームページを作られる方は、なかなか納得されず、結局は無難な大手企業のホームページの模倣となっていくので。そんなものを作っても効果は上がらず、結局は私どもHP制作会社の腕がなかった、という話にされてしまうので、面倒な話には関わらないようにしています。もっとも、対価をいただいても効果が上がらないのは、こちらとしても心苦しいですしね。

ホームページ制作の席では決まって雑談させていただきます。雑談といっても、政治・経済やバラエティ番組の話ではありません。仕事にまつわる雑談や、一消費者として、HPを作られる会社やお店がどんな風に見えるか?といった商売にまつわる話です。時にはネットでモノを買った経験があるか?といった話もします。雑談をすれば、どんなHPにすれば効果が上がるか?だいたい見えてきます。ここがウリというものを1〜2つ見つければ、あとはその核となるものに肉付けしていけば仕上がります。核となる部分は、ラーメン屋でいえば秘伝のタレみたいなものです。言葉には表せないがなんだかいい、というもの。ここを上手く拾うことができれば、大ハズシはしません。

驚くほどの成長ぶり

HPがきっかけで急成長した会社があります。新しい仕事がバンバン入ってきて、ビックリするほど大きな新工場を建てられました。どちらかといえば難しい職種だったので制作当時は、効果をあまり期待していなかったのですが、HPを通して仕事が驚くほど入ってきました。そのときのウリなのですが、社長さんのお人柄を選びました。下請けの工場なので、本来は設備をきっちりすべきところなのでしょうが、社長さんとお話させていただいていると、相談もしやすいし、ちゃんとした仕事をしてくれそうだ、といった雰囲気が伝わってきたからです。

中小・零細企業の下請け工場の社長さんってどちらかといえば職人肌の人が多く、ぶっきらぼうの方が多いのに対し、こちらの社長さんは、ちゃんとした対応ができる方。これを理解いただくようにするのに、普通だったら問い合わせフォームを作りましょう、とか、社長の挨拶を充実させましょう、といった方針を立てがちなのですが、私の場合には現場に立つ社長さんの写真をウリとしました。ウリの社長さんの写真だけだったら、単なるナルちゃんのホームページのようになってしまうので、工場の写真など入れて社長さんの写真とのバランスを整えました。

HPの認知度を高めるためにチラシもまきました。今の時代はHPだけで勝負しよう、ってのは無理があります。複合的に販促戦略を練ることをクロスメディアというのですが、それによって、初めてHPの効果が現れてくるのです。

仕事の問合せが入って来る内に社長さんの顔つきが変わってきました。自信が顔に現れる、といった感じでしょうか?顔に現れた自信によって、またもや頼る人が出てきました。結果、HPを出してから1年度に新工場を建てることとなりました。

私のホームページでトップページのバナーは、新工場竣工の際にお届けした日本酒の水引きの写真です。お届けした時もお忙しいにも関わらず、応接に通してくれて、しかも工場内を案内してくださいました。

HPで売上を上げたい、と思ったら、既存のホームページの模倣をするのではなく、何がウリか?じっくり考えてみることをお勧めします。そしてお客様との間にある溝を埋めるためにどうしたらいいのか?考えたら自ずと答えは見えてきます。上から目線のホームページを作ると絶対失敗します!

ホームページをはじめ全ての物事に成功の法則なんてものはありません。あるのは、失敗の法則。こうやったら失敗するのに・・・、ということをやってしまうから成功しないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です