収益性の上がるホームページ制作のご提案

新幹線特需

新幹線特需

今年に入り、新幹線に関する仕事が入り始めました。ブログを書いている暇がなくなり、2月より更新ストップ。恐ろしいほど忙しい日々を過ごしました。

誰に聞いても皆忙しい状態。新幹線による特需です。日頃より斜陽産業と思っている印刷業界の方に聞いたところ、昨年の消費税前の駆け込みもすごかったが、それにも増してもっと凄い状態だった、とのこと。開業前にどれだけのお金が動いたか、わかりません。新幹線が開通する前までは、どちからといえば公的機関から出てくる仕事が多かったのですが、開通直前になって民間からの仕事が急増しました。都会客を見込んだおみあげ用商品パッケージや、イベント用チラシなどなど。どこもかしこもバタバタしているので、景気の波に乗り遅れてはいけない、といった後発組の方も参入してきて、パニック的な忙しさになったのだろう、と思います。

形にこだわる

おみあげは、とにかく一目につかないと勝負になりません。そこでパッケージにこだわる先が多い。試作にあけくれることとなりました。

紙はコストも考えて百均セリアの画用紙を使用していました。インクジェットプリンタに通る上に、コシがちょうどいい。在庫をかかえないようにチマチマ購入していました。が、私があまりにも買うもので品薄状態になってしまいました。いろんなセリアを周り、在庫をかき集める状態。今は、仕事が一服ついてしまい、かなり余ってしまいました。

IMG_5704

ホームページも動く

ホームページ関連の仕事もかなり動いていました。こちらは新幹線というよりアベノミクス効果といったところでしょうか?増税後1年間は様子見で動かないようにんされていたお客さんが動き始めました。

焦る経営者

仕事の話をしながら、経営者の方とお話させていただく時に感じるのですが、以前に比べ、景気に対する不安が後退しているような気がしています。とはいいつつ、昔のようなライバル社とのシェア争いを勝ち取りたい、といった感じはなく、どちらかといえば、自社の特色をPRすることで、自分の会社に合ったお客様と取引したい、といった流れになってきているように思えました。特別な業種を除いて、どの業種も採算ギリギリのところまで価格が落ちているからでしょう。どこで儲けるか?といったことを意識する経営者が以前よりも多くなっているように思います。

その際、PR手段として選ばれるのがホームページ。他にもPRのチャネルはいろいろあるのですが、まずはホームページでしょう、といった考えの方が多いように思われました。

しばらく不定期に

まだ新幹線特需の仕事で仕掛かりのものがあるので、ブログへの完全復帰はもうちょっと先になりそうです。そういえば、忙しくなってからは本を読む時間すらもなくなってしまいました。自由な時間はないのですが、自由な時間があればあったで、ロクな考えを起こさないので、このように忙しい日々を過ごしている方がマシか、なんて思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です