収益性の上がるホームページ制作のご提案

カブトムシ羽化

一斉に羽化

今朝出社してみたら、会社の玄関のカウンターあたりがなんだか騒がしい。もしかして・・・、と思い、カブトムシを育てている衣装ケースを覗いてみたら、カブトムシが15匹羽化していました。

FJ310390

昨日覗いたときには、生まれていなかったのに、一斉に生まれたのには驚きです。さらに驚きなのは全てオス。キューリを育てている時にも思ったのですが、最初に花が咲くのは雄花が圧倒的に多い。自然界では男が先に生まれ、その後、繁殖機能をもった女がやおら出てくるルールになっているのかもしれません。

また、カブトムシ特有の匂いがないのも特徴。あの独特な匂いは、メスが主に放つのかもしれません。

FJ310388

幼虫を育てているときに、大小さまざまなのがいたのですが、やはり成虫になって差が出てきました。左はカワイイ。角がなければコガネムシかと思ってしまいます。

FJ310389

土にでてきたばかりのヤツは、しばらくひっくり返っているようです。この時、むりやり動かしてはいけない、と何かの本で読んだような気がします。その注意を忘れてしまい、移動させたところ、白い下痢便みたいのが出てきました。

衣装ケース2つに各50匹以上の幼虫を詰め込んだのですが、それなりに上手く育つものです。ただ、去年育てたものより少し小振りかもしれません。

カブトムシ差し上げます

100匹以上も育てられないので、ご希望の方にカブトムシを差し上げよう、と思います。今はオスしかいないのですが、メスが生まれたらペアで差し上げます。こちらでイチゴのケースのようなものを用意できますが、なるべくなら虫かごを持参ください。

FJ310386

会社の窓にポスターもはったり、いろんなところに声をかける予定。早い者順、なくなったらごめんなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です