収益性の上がるホームページ制作のご提案

デザイン&価格コンペを効果の上がるものにする

デザイン&価格コンペの現状

最近は下火になってきましたが、今だにデザイン&価格コンペが好きな方がいます。以前はコンペに落とさなければならない、と思い、頭を捻ってデザインを作り、ほとんど赤字に近い金額を提示したのに他社にさらわれ、苦い思いをしたことが何度もありました。その後、選定がどうもグレーだということに皆、気づき出し、コンペを降りる業者が増えてきました。他の業務もさせてもらっているのだから、ということで、お付き合い的にコンペに参加することもあったのですが、他の業務も価格を押えられだすと、博打のようなコンペに真面目に取り組む人はいなくなります。

また、景気が悪いこともあって発注元としては、とにかく安く上がればいいのだ、という思いが強くなってきたことも否めません。イベントであれば、日時と場所さえ告知すれば、興味がある人は来るだろう、という考え。そういった考えでイベントをやるので、当然、人は集まらないのですが、担当としては人が集まるかどうかよりも収支だけがポイントなので、人が集まらないイベントだったので安く済ませた、という話にすり替えてしまうのです。

発注者が何をしたいのかわかっていない

こういった場合、発注者が何をしたいのかわかっていない場合が多いです。基本情報さえ伝えれば、後はプロだから何かいいものを作っているだろう、といった考えでいる。また依頼を受けた会社の窓口営業も、各社同じ条件なので一流のデザイナーに任せれば何かいいものを作ってくれるだろう、と勘違いしてしまう。受けたデザイナーとしても、強い思いがあるわけではないので、デザイン重視で当り障りのないものを作ってしまう。

その結果、当り障りのないものの集まりとなり、結局は価格が安いものを採用したくなってくるのです。

デザイン&価格コンペを効果の上がるものにするために

物品納入と違い「デザイン&価格コンペ」では、何をするためにデザインを作るのか、具体的に示さなければなりません。そこで言葉に詰まる発注者の方が多いのですが、正直なところ。発注側も何をしたいのか、どんな人を集めたいのか、わかっていないことが多いのです。

例えば企業型ホームーページの場合。基本情報を載せるだけなら正直なところ、学生のバイトでもできます。ただ、そういったホームページでは、この企業の商品を使ってみたい、とか、取引をしたい、といった思いにはなりません。そういった企業は、価格勝負といった誰でも参入しやすく熾烈な闘いに足を突っ込んでしまうことになるのです。

GD130

言葉だけがコミュニケーションツールではありません。どんな風に感じてもらうか、というのが実は大切なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です