収益性の上がるホームページ制作のご提案

オークションのお礼手紙

オークションが下火になってしまう

10年位経つでしょうか? オークションがすっかり下火になってしまいました。正直なところ、オークションがあそこまでブームになったのか不思議。今から思えば、あの頃はまだ景気が良かったのかもしれません。オークションで今でも笑ってしまうのが、落とした商品を再出品したところ、元の売主が落札してきたこと。その商品はmidiだったのですが、私が落とした価格よりも高い値段で落としていきました。そんなに大事なものなら売りにださなりゃよかったのに・・・、と思いながら送付しました。

オークションが下火になった原因として、景気低迷に加え、オークション自体に飽きてしまったことがあると思います。あの頃、私も何冊か古本を落札したのですが、それらの本は今も読まないでしまってあります。あの頃はきっとオークションという行為が楽しかったんだろう、と思います。また、胡散臭い業者が増えたことも下火になった理由の一つ。出品側としては手間がかかる割に儲からない、といったことも理由に挙げられるのではないでしょうか。

商品が見つかったうれしさ

さて先日、ある部品が調子悪くなりました。検索をかける前までは、ネットで探せばずらずらっと出てくるだろう、と思っていたのですが、見つかったのはわずか1点。しばらくヤフオクをやっていない内に出品点数が少なくなったのには驚きました。それにしても見つかったのはありがたい。現在価格と即決価格が同じだったのですぐに落としました。

オークションの一言手紙

出品されている方は3000近い良い評価、かつ悪い評価がなかったので安心はしていたものの、久々の落札の上に、送付方法を定型外にしたため、ちゃんと送られてくるかどうか不安。手元に届いたときはホッとしました。

早速中を開いたところ、商品と一緒に手紙が入っていました。

FJ310983

安い商品にもかかわらず、このような丁重なお礼の手紙を入れてこられたことにビックリ。たかがお礼の手紙と思うかもしれませんが、結構手間がかかります。どこも彼処も合理化が正しい!という世の中で、顔が見えるようなお取引は久々。3000近い「良い評価」の理由は、こういった地味な活動の積み重ねなのでしょう。商売の原点を教えてもらったような気がしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です