収益性の上がるホームページ制作のご提案

戦略的ストーリー思考入門

ホームページにブログは必要か?

戦略的ストーリー思考入門
生方 正也 (著)

最近、ホームページを制作させていただいたお店のブログを代筆することが多くなってきました。新店舗オープンや移転オープンなど、動きのあるところが多く、ブログネタとしては困らないのですが、お店のオーナーさんは忙しくてブログまで手が回らない。そこで私がセッセと書いているわけです。昨日もネタ探しにそのお店に遊びにいったのですが、ブログを見た!というお客さんから早速、問い合わせをいただいた、と嬉しそうにされていました。その場では笑いつつ、私が書くから反応があって当然だ!、とこっそり思っていました。

ホームページを新しく作られるお客様から、ホームページにブログは必要か?という問い合わせをいただくことがあります。これに関しましては、業種にかかわらず、ひとつの基準をもっています。それは、依頼された方がホームページ制作料金を値切ってくるかどうか?ということ。

そもそも私の会社では制作料金を相場よりも抑え気味に設定しているのですが、それでも安くならないか、と言ってくる経営者の方がいらっしゃいます。そのような方には、最低限の情報を告知できればよいのでは?という思いから、ブログなしの安いプランをお勧めします。値切ることが悪い、といっている訳ではありません。また、最低限だから悪い、といっている訳でもありません。最低限の情報だけでも、全くホームページがないよりもマシで、必ず反応があります。むしろブログ付きのホームページに高い料金を払うよりも、たまにしか反応がないが安価で告知できたならば、後者の方がコストパフォーマンスは断然いいのです。

では、なぜブログ付きのホームページが必要か?といった問題です。それは、私が代筆した記事に反応があることがヒントとして挙げられます。ブログは、ホームページ本体とは違い、時間の概念が伴います。たとえばSNSをやっていらっしゃる方ならピンとくると思いますが、記事に時間が加わると共感が生まれやすくなります。例えば新店舗オープンの場合。ブログに移転の地図をのせたり、工事の進捗状況をのせたりだけで、閲覧してくださったお客様にも何か新しいことが始まるのだ、といったドキドキ感を与えることができます。

その点、ホームページを値切ってくる方は、このドキドキ感がわからない方が多いし、自社ホームページにこのような仕掛けを求めておられないような方が多いです。そのような方が記事を書くよう勧めても「オレは文章を書くのが苦手だ。」とか「オレんところの商品は見たとおりだ。」なんて開き直ってしまい、結局、ブログは放置状態となってしまうのです。

飛込み営業や、電話によるローラー、DM戦略が非効率的な営業手法になってしまった今だからこそ、実はブログこそをモノをいうのに、フログ不要論を持っている方がいらっしゃるのは残念でなりません。また、企業ブログなんて見にくるヤツはあまりいない、と思う方がいらっしゃるかもしれませんが、「あまりいない」、の「あまり」の方がお店の売上の7〜8割を占めていることがわかっていないことも事実として挙げられます。ブログでお客様をつなぎとめファン化し、そのファンから紹介のお客様をつくるのが、販促に湯水のようにお金をかけることができない中小・零細の戦略なのに。

FJ310761

戦略的ストーリー思考入門

さて、遅くなりましたが本の紹介です。作者は東大文学部卒。文章を読むと、いかにも東大文学部という感じで文学的であります。内容をしぼって、事例を多くしてもらえたらもっと伝わりやすいような気がしました。

ただ、ストーリーの重要性は伝わってきます。特に自己紹介の際にストーリーを使うべきだ、という章は非常にタメになりました。私は人前で自己紹介をするのが苦手な方なのですが、自己紹介の際のストーリー理論は目にウロコ。さらにいうと、単に自己紹介だけにとどまらず、ブログで自社商品やサービスを紹介する際のストーリーの組立方の思考法は活かせそうです。

人に興味をもってもらうためには、共感をもってもらうことからはじめなければなりません。その際に大切なのは、人からどう思われているか?ということ。そして、人からどう見られたいか、に誘導しなければならないのですが、それをつなぐのがストーリーであり、ストーリー思考をするのが戦略的ストーリー思考なのです。

ブログの記事の中にこのような流れをつけることができれば、すぐに売上につながらなくても記憶に残してもらえるチャンスは確実に増えます。

価格競争が厳しい上に、商品やサービスにライバル他社と大きな違いをつけにくい世の中、費用をつかわず効果を上げる戦略的ストーリー思考が今だからこそ求められるのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です