収益性の上がるホームページ制作のご提案

領収書印刷をネット伝票印刷会社に頼んでみてわかったこと

書き損じ続出で領収書が足りなくなる

最近は振込のお客さんが多くなって来たのですが、それでもまだまだ集金のお客様が多いです。

領収書の在庫がなくなってきたので、今まで注文していたところにお願いしよう、と電話してみました。

せっかく作るのだから、住所を登記上の住所から本社に変えたい、とお願いしたところ、データが必要、と言われました。

以前は当社で製版フィルムを作ってお願いしていたのですが、今は製版フィルムなど時代遅れ。データがいるのはわかったのですが、一つ困った問題が生じました。

領収書の周りの飾り罫。

飾り罫がないと締まらないのですが、当社の領収書は細かい。

年末の忙しいときにデータ化のために領収書を作っている暇はないなぁ〜、と思いましたが、年末の集金は足りそうだったので正月休みに領収書をデータ化しようか、と思い電話を切りました。

電話の後、思いの他、集金業務が重なり、領収書が足りない、というマズい状況になってきました。

書き損じたら大変なことになる、と思いながら、気合を入れて書いたつもりが、気合が入り過ぎたためか書き損じてしまいました。

領収書印刷をネット印刷会社に頼む

12月を10月と書いてしまい、アウト〜。

ぎりぎり年末の集金がカバーできると思っていたのですが、この書き損じで年末分が足りなくなってしまいました。

領収書印刷をネット印刷会社に頼んでみる

いつもお願いする印刷会社さんですが年末は納品が遅れる、とおっしゃっておられたのを思い出し、今朝、ネット印刷で伝票を頼むことにしました。

チラシやパンフをネット印刷に頼むのは慣れているのですが、伝票は初めて。粗悪品が上がってきても、ほんの少しの間、つなぎで使うつもりなのでいいかな〜、と思い、頼むことにしました。

領収書、印刷

でネット検索をかけてみたところ、ずらずら印刷会社さんのリストがでてきました。

その中で3社ぐらいにしぼり、さらに2社は外しました。

営業妨害になるので、外した理由は具体的に書きませんが、実はここにネットで成功する秘訣があります。

軽く書くとするならば、

価格よりもプロとしてのご提案

といったところです。

ネットで商売しよう、と思われる方って、他社よりも安くすれば売上が上がる、と思っているかもしれませんが、それは家電とか化粧品などといった商品がはっきりしていて価格だけで勝負するような場合だけ。

プロ、言葉を変えて専門家におまかせしなければならないような場合には、しぼりこんだ提案をしれくれた方がありがたいのです。

誰でも買い物をする際には、失敗したくない、と思うもの。

失敗したなぁ〜、と思ったとき、頼んだあんたが悪い、格安で提供しているんだから諦めてよ! と言われたたらどう思います?

そういったオーラの出ているところは、どうしても避けたくなるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です