収益性の上がるホームページ制作のご提案

竹内謙礼さん商売繁盛オリコミセミナー第2弾

販促の神 竹内謙礼さんが再び富山にやってくる

竹内謙礼さんのセミナーちらしが再び入ってきました。

数日前に紹介されていたものは、チラシの一部を使って紹介されていたのに対し、

竹内謙礼さん商売繁盛オリコミセミナー第2弾

今回はA4片面カラーのチラシです。

竹内謙礼さんについて記事を書いているのですが、別に仕事をもらっている訳でも事務所の回し者でもありません。

竹内謙礼さんを尊敬しているから、多くの方に知ってもらいたい、と思っているだけなのです。

今回の竹内さんのセミナーも北日本新聞サービスセンターが主催なので、当然のことながら折込チラシを使って販促をしよう、といった話に持って行くことは想像がつきます。

ただ、これだけ情報のあふれ、しかもモノが売れない時代にチラシを大量に撒いたから、といって、即、売上に直結するほど世の中、甘くはありません。

現に前回の竹内さんのセミナーでは、折込チラシを撒いたけれど効果が全く出なかった事例も紹介してくださいました。

ただ、コケた経験をどう活かすか、を教えてくださるのが竹内さんのセミナーの面白いところでして、ここを聞き落としてはいけないのです。

モノが売れない時代だからといって、何もしなければ落ちていくだけです。

チラシでもHPでも何でもいいのですが、販促をすることで自分たちの商売に気づいてもらう努力は続けなければなりません。

その際、投資した時間やお金は少なくとも回収できることに越したことはないのですが、たとえコケても次回に活きるような活動をしなければなりません。

ただ、フィードバックしながら前に進もうとしても、業種やエリアによって攻めた時の反応が異なるので、どこかの成功事例をもってきたところで、自分がかかわっている案件が上手くいく保証はありません。

竹内さんのセミナーでは、工夫しながら継続して攻め続けるための手法を教えてもらえます。

ホームランを狙って、大ばくちを打つのもいいのですが、コケた場合、金銭的にも、そして一番大切な精神的に大ダメージを受けます。

時間をかけながら、

小さな投資で反応を見ながら徐々に攻めて行く。

確信を得られれば大きく攻める。

といった竹内さんのやり方の方が、今の時代にあっているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です