収益性の上がるホームページ制作のご提案

佐藤元相著 お客を呼ぶ!スゴい仕掛け

お客を呼ぶ! スゴい仕掛け

お客を呼ぶ! スゴい仕掛け
佐藤元相 (著), 竹田陽一 (監修)

小さなお店を経営されている向けに、どうすればお客様をよぶことができるか、ヒントが書かれている本。

マーケティングに関しましては、ここ数年で目新しい理論は生まれていないので、新鮮なネタこそないのですが、この本を読むことで、売上を伸ばすためのノウハウを再認識することができました。

本の中で一番感動したのが「はじめに」

安易な安売りをしてはいけない、と説きます。

安売りするお店は安売りでも成り立つ仕組みができているから上手く回るので、一般のお店がそれを真似しても経営が上手くいく訳がない。

ではどうしたらいいか、といったところから本文がはじまるのです。

お金をかけずに売上を上げる

著書の中で主に書かれているのはお金をかけずに売上を上げるノウハウ。

お客様を満足させるためには、お金をかける前にやることがあるだろう、と著書はいいます。

2つの項目をかけ算することで、商売は繁盛すると説き、その一つの項目を徹底的に伸ばすためのテクニックを紹介します。

お客さま目線で考える難しさ

著者は研修講師もされているそうなのですが、本題に入る前に「あなたの課題はなにか?」書いてもらっているそうです。

主な意見は下の通り。

・小さな会社で効率を上げる

・体だけ忙しくて、たいして利益が出ていない

・社員に効率的な方法論を語ろう、と思い参加した

・利益率の高い精度の高い仕事を教えるために参加した

・売上げを上げるために簡単に金額を下げてしまうため、そうした意識を改善したい

・新規顧客の獲得

私もおそらくこういった回答をすると思います。

それに対し、著者はこういった回答をしているようでは甘いとダメだしをします。

何がダメか、というと、自分本位で考えているところがいけない、というのです。

お客様目線と口で言うのは簡単ですが、現場ではどうしても経営者目線になってしまうのです。

著書では、お客様目線でお店を運営する、というのは具体的にどんなことをすればいいのか、教えてくれます。

販促本は、事例の会社をwebで確認したらより具体的に学べます

販促本を読むときには、決まって事例として出てきた会社名をWEBで確認するようにしています。

経営に成功されたお店を成功事例として掲載しているため、WEBもしっかりしています。

この本で紹介された事例の中では、特にハウスメーカーさんのホームページがしっかりしていました。

「しっかり」と書くとゴージャスなイメージと思われそうなのではなく、

ハウスメーカーのスタッフの温もりが伝わってくるような作り。

家を建てるなら、こういったところにお願いしたい、と思わせるようなホームページでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です