収益性の上がるホームページ制作のご提案

BtoBの新規工作を真面目に取り組みたいならこの本が絶対にお勧め!

自社ホームページにアクセスした企業を「見える化」して、10件の電話営業だけで売上をアップさせる技術: 3ステップで誰でも出来る無料のWebマーケティング

自社ホームページにアクセスした企業を「見える化」して、10件の電話営業だけで売上をアップさせる技術: 3ステップで誰でも出来る無料のWebマーケティング
熊谷 竜二 (著)

営業周りをしていると、どうしても時間に空きができてしまいます。

そんな時、近くに図書館がある場合には決まって休むようにしています。人がほとんどいない割に公共施設は冷房がガンガンに効いているし、トイレも気兼ねなく使える。さらに、本が読み放題な上に気に入った本を借りることができるからです。

今日も時間に空きができたので図書館に立ち寄ったのですが、そこで表紙が胡散臭そうな本を見つけました。

どうせ、上手くいかないテクニックが書かれた本だろう、と思いながら閲覧コーナーに座って読んでいたら、その内容にビックリ。

すかさず借りて、午後から会社に戻り、読み始めました。取引先から打合せの依頼があったのですが明日に回してもらい、むさぼるように読みました。

図書館の本なので当然返却しなければらないのですが、主要なところをノートに写しものは20ページにも及びました。

苦労人だからこそわかる 営業テクニック

営業テクニックは簡単。

メール配信した後、見込みがありそうなところに電話するだけです。

ただ、路頭に迷う位に苦労した著者のテクニックは重みが違い、成約率を上げるための工夫がいろいろなところに見られます。

また、ばくせんとした思いを言葉することで実践しやすくするためのテンプレートは、とても参考になります。シートのダウンロードアドレスも記載されていました。

このテンプレートですが、架空の会社を見本とするのではなく、自分の会社を採り上げています。

自分の会社のノウハウをここまでオープンに出来るなぁ〜、と感心しました。

他社は真似できない、という自信があるのでしょう。

メール配信した後、ホームページを見てもらった取引先に電話セールスをするのですが、ランディング型ホームページの作り方や、社長までつないでもらえる電話セースルのテクニックも書いてあります。

ホームページは、自社PRシート、商品PRシート、ターゲット別PRシートという3つのシートを作ることから始まるのですが、それらの情報を総合して立ち上げる手法は見事です。

正当派の有料営業セミナーにも匹敵するような内容

それにしても、正当派の有料営業セミナーにも匹敵するような内容です。

ただ、セミナーに実際に参加するのとは違い、本を読んだだけではなかなかうまくいかないだろう、と思います。

というのも、本で勉強する方は、読んだだけで終わりにしてしまい、実際にシートを書くことで自分の会社の問題点をクローズアップするようなことはしないからです。

またPDCAのサイクルを回すことができないので、上手くいかない場合、改善しないで諦めてしまうのも問題です。

著書の最後の方では、営業方針を微妙に修正していうことで成功に結びつけていく事例も紹介されていました。

改善することで確実に成功するとはいえないのですが、ムダな費用や体力をかけないようにすることで、改善のための時間を残すことができるようになるのでしょう。

さて、本の中で著者の会社が事例として紹介されているのですが、運営されている営業ツールについて価格も提示されています。

営業一人よりも安い料金なので、お願いしたくなる方もいるのではないでしょうか?

営業テクニックを紹介している一方で、この本自体が、営業相談にものりますよ、といった営業本でもあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です