収益性の上がるホームページ制作のご提案

2019年初詣 その1

今年も神社巡り 一人歩こう会決行

元旦朝、例年通り神社巡りをしてきました。
このブログでは、訪れた神社の紹介をしていきます。
また、神社とは一体何か、初詣に意味とは何か、といったところまではいってみたいと思います。

成田山富山分院

スタートは朝5時。成田山富山分院から始まりました。こちらは鳥居はあるもののお寺です。

成田山富山分院

古いお札を納めよう、と建物の中に入ったら奥の扉が開いて担当の方にお渡しするようになっていました。手前には不動明王のお賽銭箱がありまして、まずはこちらで参拝。持ち込みされたものの処理が大変なんだろうなぁ?、と悟りました。

成田山富山分院

両脇に巫女さんがいらっしゃるのですが、参拝者がいないとそちらの方が気になってしまいました。煩悩はなかなか断ち切れないものですね。

成田山富山分院

延命地蔵尊

引き続き、仏教系へ。2社目は延命地蔵尊に行きました。こちらでほぼ毎日水をいただいています。

延命地蔵尊

こちら、ほぼ毎日、賽銭を入れてお参りしています。5時ぐらいは、世話をされている方が大勢いらっしゃいます。中でもお堂の中をきれいにされている女性の方は丁寧にあいさつをしてくださり、いつも恐縮しています。

延命地蔵尊

この後も何度となく説明していきますが、祈る、というのは神や仏に祈るのではなく、自分の心に祈るのだ、とわかってきました。延命地蔵尊そのものに祈ることで長生きできるのではなく、延命地蔵尊やお世話されている方に触れ合うことによって、自分の心が澄んだ結果、長生きできるようになるのです。

恵比寿神社

一度会社で暖をとった後、6時過ぎに歩き始めました。向かった先は恵比寿神社

恵比寿神社

昨日は3時間近く歩きました。神社のご利益を得たい、と思うならば、神聖な時間が長ければ長い方がいいです。車で神社に乗り付けるよりも徒歩の方がいいですし、神社の行列をじっと待つのもいいです。忙しい日常生活から自分を開放することができれば、より健全な考えができるようになるからです。

恵比寿神社

神社の大小は関係ありませんが、大きい神社や人が多い神社は、それだけでご利益があるように思いこみやすいメリットがあります。

恵比寿神社は小さな神社ですが、落ち着いてお詣りできるので好きです。

中央通りの朝の風景。真っ暗です。

中央通り

ガラス美術館のスタッフの方でしょうか。こちらは7時前から建物に入っていかれました。

ガラス美術館

日枝神社からは次のページで書きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です