収益性の上がるホームページ制作のご提案

自然の中で無心になると元気になる

打合せ前の待ち時間に魚を捕る

3月に入り体調のすぐれない日が続いていました。タウリン3000のドリンクを飲んでもなかなか元気が出ません。このまま終わっていくのだろうか、とも思いました。

昨日は昼一番で打合せがあったのですが、早めに出たので河辺の桜並木を歩いていました。桜はまだだったので仕方なく小川の方に目をやったら、なんと魚が泳いでいるではありませんか。

ふと童心にかえり、魚を捕りたくなりました。

孵化したばかりなのでしょうか。動きがのろく、20分ぐらいで小魚10匹、どじょう3匹捕まえることができました。

自然が一番

打合せを早々に終わらせ、会社に急いで会社に帰り、水槽に水をはりました。水槽は、昨年夏まで鯉を飼っていたもの。小型ながらエアポンプもあります。

どじょうは何を食べるのだろう、など考えていたら急にテンションが上がってきました。

ちょっと前までは、桜並木を歩いていても頭の片隅に仕事のことがあったのですが、開き直って魚捕りに夢中になったのがよかったのかもしれません。

元気をもらった、とよくいいますが、元気なうちはその意味が全くわかりませんでした。

身体が弱っていたので、自然に触れ合うことでおそらく気分がリフレッシュされたのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です