収益性の上がるホームページ制作のご提案

低圧電力工事終了

低圧電力工事終了しました

製版の機械をたくさん稼働させていた頃は電気も大量に使用していたので、高圧電力を使用していました。

電力を多く使用する会社にとっては料金が安くなるメリットがあるのですが、あまり使用しなくなるとメリットがないどころか、逆にコストが割高になります。

工事費がかかることでなかなか踏み切れなかったのですが、この夏、思い切って低圧電力に切り替えることにしました。

そして今日が最終工事。電柱、電線から直接引き込んでいる線4本を除去してもらって工事終了です。

電線を外すだけでトラック7台

電線を外すだけなのですぐに終わると思っていたのですが、トラック7台、作業される方も10人以上いらっしゃいました。

電線を外すためには電線に流れる電気を一旦停めなければならないそうなのですが、それによって一帯が停電になってしまいます。それを避けるため、仮発電で一帯に電気を送るそうなのです。

切り替え費用と料金安のバランス

このような大掛かりな工事は、昨年から4回ありました。その度ごとに、工事が大掛かりなので、近所の方からお金の心配をされました。

確かに費用はかかります。当初100V+200Vを入れて、エアコンを200Vで対応する予定だったのですが200Vは断念。100Vのみとすることにしました。

さて月々のコストですが、毎月保安協会さんに支払っていたメンテ料がなくなる上に、契約アンペア数をぐっと落としたのでかなり安くなりました。電気を使わない月は1/3ぐらい。夏の間でも1/2で済むようになりました。

その計算でいくと、工事費分回収するには2年ほどかかりそうなのですが、キュービクルが老朽化していてメンテナンスが必要だ、と言われていたので、今踏み切ったのは正しい選択だったと思います。

それにしても、低圧電力に切り替えた後も、高圧電力を狙った電力会社のセールスが入ってきます。毎回、理由を説明して丁重のお断りしているのですが、いまだに電話がかかってきます。

こういったセールス会社は一体何社あるのだろう、これだけセールスするぐらいだから契約とれるとおいしいんだろうなぁ?、と思いながらお断りしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です