収益性の上がるホームページ制作のご提案

経営者はキャンペーンに乗らないと売上が上がらないジレンマ

政府のキャンペーンによってネットショップの売上げがぶれる現象

ネットショップの販促サポートをしていて最近悩まされることがあります。それは時期によって売り上げがぶれること。ある月は売上げ絶好調となり、その後も続くものだと思ったら、その後は超不振状態が続くことがあります。

マーケットから嫌われたのでは、と思い閲覧状況を確認してみると、閲覧数は確かに落ちているのですが、大きく落ち込んでいるとはいえません。

ネットショップの設定が悪い、例えば在庫管理が甘く売切状態になっていた、なんて初歩的なミスも考えられるのですが、そうでもないようです。

そもそもオンラインショップの販促では、売上げが上がるともっと伸びることを期待して販促費用を増やす傾向にあります。翌月期待で数字を見込むだけに、ガクンと売上げが落ち込むと、かけた費用が無駄になったような気分になり、精神的に落ち込みます。

では、なぜこのような状況が起こったのでしょうか。

最近ネットショップの売上げが落ち込んだのは、10万円給付の効果が薄くなってきたことにくわえ、外でお金を使うようになってきたことが挙げられます。

特にGOTOトラベル、GOTOイートキャンペンの影響は大きかったですね。キャンペーンが始まってから、ガクンと売上げが落ちました。

都道府県別GOTOイートキャンペン食事券が始まってからは、食事券購入のためにお金を回すことでますますモノが買われなくなりました。しばらくはネットショップ受難の時代ですね。

GOTOイートをやっているお店だけが流行る現象

お客様に飲食店関係の方も多いのですが、GOTOイート関係の問い合わせは多いようです。

店内飲食に関する問い合わせが多いのは理解しやすいのですが、テイクアウトに使えるか、という質問が多いようです。基本的には、飲食店自らが行うデリバリーやテイクアウトはOKのようなので、やり方次第ではいろんなところで使うことができることがわかります。

自治体のGOTOイートのホームページを見ると飲食店のリストが載っています。飲食店だったら、自分のお店がGOTOイート食事券を使ってもらえるかどうかを考える前にまず登録した方がいいです。

というのも、無料でお店の宣伝ができること。そして、お店に来てもらえる可能性が増えるからです。食事券をもっている人は、使い切らないといけないので、何を食べるかよりも、キャンペーン対象店なのかどうかを調べるようになります。

しばらく外食に関しては、味よりも金銭的なお得感が優先されるようになります。お得感から、いつも高くて手が出ないと思っていた高級な食事をすることも考えられます。だからこそ、キャンペーンに加盟していないお店は登録しなければなりません。また、ランチをやっているようなお店なら、スイーツつけて1,000円以上にする、といった積極的な販促もこの時期は有効的、だと思います。

そんな意味で、飲食店は、キャンぺーンを取り込んだ戦略を練らなければなりません。会社にはしょっちゅう販促FAXが送られてくるのですが、GOTOイートを意識したFAXをまだ見たことがありません。こういった戦略は、どこかがやりだしたら一斉に真似をして儲からなくなります。頭を使っていち早く集客しないとせっかくのチャンスを逃してしまいます。

GOTOキャンペーンに持っていかれたオンラインショップにいつ客が戻るのか

オンラインショップ運営者は、GOTOキャンペーンに持っていかれた客がいつ戻るのか、に死活問題級の興味があると思われます。

ここまでのキャンペーンとその後を見ていると、キャンペーン効果はすぐになくなってしまうようです。一時的にワーっと盛り上がって、すぐに冷めてしまう感じ。冬になるとコロナやインフルエンザが流行り出歩かなくなる可能性があるので、今がピークかもしれません。

確かにGOTOキャンペーンの直接の効果は限定的ですが、間接的な影響は少なくないと思われます。一般的に一旦財布の紐が緩むと緩みっぱなしになるからです。

たとえば外食でお得感を味わった人たちが、その後、蓄財に走るとは考えられません。お金が減った、と後悔するまで、パッと使うようになります。

そこを狙い、オンラインショップを運営されている方は、この時期が遠くないことを予測して今から準備しておかなえればなりません。

特に直近チャンスなのはギフト商品です。自分のお腹が満たされたら、次は他の人も幸せにしたくなるからです。

単に商品を並べるのではなく、SNSに効果的なキャッチコピーを入れて販促を打てば、必ずお客さんは振り向ていくれます。景気は確かに冷え込んでいるのですが、コロナの影響は外部要因・不可抗力という考えがどこかにあるので、どこかではパッと使うものなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です