収益性の上がるホームページ制作のご提案

お店をしている人は自分が除雪の後に何をしたくなるか考えるとうまくいく

駐車場の除雪が終わりました

昨日は昼からずっと除雪をして、ようやく駐車場をきれいにすることができました。

街中もかなり除雪は進んでいます。12日(火)から雪が降らず気温が上がったので助かりました。

昨日の街中、平和通り。

二車線のうち、一車線が完全に雪で埋まっています。ただ、昨日は久しぶりに郵便配達のバイクを見ました。日常が戻りつつあるのを実感します。

大雪対策

会社で使っている車は、20年も乗っている車でいろんなところが傷んできているので、車の修理工場の方からまだ乗るんですか、と呆れられていました。年末にはなんと20万キロ突破!

ただ、この車に乗り続けていて正解でした。理由は4WDであったこと。毎朝5時に出社していたのですが、4WDでなきゃ無理だったと思います。

スタックしている車をいろいろ救助して思ったことがあります。温暖化による影響で逆に今回のような大雪がまた来るのであれば、4WDの軽が一番!ということです。

4WDに限らず、とにかく軽四は軽くて便利。たとえハマっても大人3人いれば、軽く持ち上がります。前輪が空転さえしていなければお尻を浮かせば簡単に抜け出すことができます。

牽引フックがあれば引き出せるのに、という場面にも出くわしました。後から知ったのですが、バンパー丸い蓋があってそれをめくると、フックのネジ穴が出てきます。

ジャッキーと一緒にネジみたいのがあるはずなのですが、それをここにつけるようです。車を救助したこの一週間でいろんなことが勉強になりました。

コンビニ弁当売切れ

車を出すことができず、多くの方が徒歩通勤されたようです。出社時間が早いので途中のコンビニで昼ごはんなどを購入されたそうで、コンビニ弁当はほとんどなかったそうです。

必ずニーズはあるということです。

除雪でハイ状態

除雪をしている間、いろんな方に声を掛けられました。精神状態がハイになっていることに加え、皆さん自分の苦労を語りたくてしょうがない感じでした。

今まですれ違っても挨拶一つしなかった人とこんなことで仲良くなれたのは不思議なことです。

昔は毎年積雪が多かったので同じ苦労を味わっている者同士、仲がよかったというのがなんとなくわかりました。

さて、除雪が一段落したことろで、私がやりたくなったこと。

・除雪の苦労話を聞いてほしい

・食べたり飲んだりしたい

・宅急便がストップしていることで逆に物欲がメラメラと湧いてきた

・壊れたママさんダンプを補修したくなった

・スタック救助用の牽引ロープがほしくなった

などなどです。

除雪で苦労された方で、お店をされている方は、除雪を終えた今、やりたくなったことを思い出されたらいいと思います。

そしてこれを自分のお店に結び付けることができないか、考えることです。

ハイな状況はすぐに終わるので、思ったプランはすぐにSNSに書き込まないといけません。

エピソード記憶ってご存知でしょうか。

何か出来事があった時に、それにまつわる周辺のことも思い出すことです。

「除雪」という言葉が頭に浮かぶと、それに合わせて自分のお店や商品を思い出すことができるようになるように、情報を発信するのです。

まずは、直接商売につながらなくても、何か記憶にさえ残せばいいです。とにかく発信すること。

そして余裕があれば、自分がやりたい、と思った欲求がうまくお店の商品やサービスにつながらないか、考えることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です