収益性の上がるホームページ制作のご提案

富山市の歴史探訪ツアー

昨日、富山市の歴史探訪ツアー〜旧富山町を歩く〜に行ってきました。

rekisshiture

定員20名のツアーだったのですが、かなり多くの方がいらっしゃいました。10:00から12:00までかけて、富山城から北陸道をひたすら東へ、富山藩の境、赤江川までの徒歩ツアーでした。

IMG_1963

興味深かったのが、以下の通り。

1.江戸時代の富山城址は、今の富山城址の約6倍!

富山城址の東端を、地図等の書籍ではなく実際に歩いて体感するのは感慨深かったです。ちなみに、日本生命ビルの真ん中あたり、西別院のところが東と南の端とのこと。そこから荒町までが武家屋敷で、その先が町人の住んでいたところだそうです。

IMG_1969
富山城の境

IMG_1971
武家屋敷から町人の街を見下ろす。

2.昔の月見橋の位置は今と異なる!

昔の月見橋は、今の橋より通り1本分南側にあったそうです。馬場茶屋(現在のアーバンホテル)の裏通りがメインストリートだったようです。子どもの頃から不思議な通りがあると思っていたのですが、ようやく謎が解けました。

IMG_1978

3.於保多神社にある石橋!

於保多神社の左側に石橋があるのですが、総曲輪大手モール辺りからもってきたそうです。大手モール辺りは、江戸時代、武家屋敷と町家があり、境に背割下水が流れていたそうなのですが、そこにつけてあった橋をもってきたそうです。川幅は、意外に狭いことが確認できました。

IMG_1983

4.富山藩は細長!

富山藩の東端は赤江川ということで、富山城からは2時間もあれば十分に歩ける距離。今回のツアーでは全行程を徒歩で移動することで、江戸時代の方々と同じ、時間や距離感を味わうことが出来たのはとても興味深かったです。

IMG_1989

年配の方が多かった割に、皆スタスタと早足で付いていくのが大変でした。道中、参加者のおじいちゃんから歴史を聞いたり、いろんな方と話が出来たのは楽しかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です