収益性の上がるホームページ制作のご提案

となみ野夢見人

先日、購入したプリムラジュリアン。ポットの横に、生産者の名前とコメントがついていました。早速検索をかけたところ、その方のブログが出てきました。記事を眺めていたところ、丁度私が購入した日の新聞に生産者の方の記事が載っていたようで、慌ててその日の新聞を引っぱり出して拝見しました。

となみ野夢見人

生産者は、南砺市信末で花卉園芸をされている石村修子さん。記事から園芸にかける思いが伝わってきました。

私自身、ポットに一目惚れして購入したのは、そんな石村さんの思いが伝わったからかもしれません。葉のつき方が普通に売られているものと全然違うのです。

花を購入し、手元に置いておくことで、生産者の思いが伝わり暖かい気持ちになれるのは嬉しいこと。さらに、ブログを通じ、生産者の方の活躍ぶりを見ることができれば、こちらも元気になれます。

ブログ、さらにはSNSって、出会いと、つながりの二つの役目があると思います。PR活動を通じ集客するのが前者とするならば、商品やサービス以外の心の部分を伝え、わかち合うのが後者と思います。商品やサービスにまつわる背景を綴ることで、ゆるいつながりをつけること。リピーターとして買ってもらえるか?、というのは問題ではなく、そういう行為を通じて心のつながりを自分の中で感じることが、今まで忘れていた大切な部分なのだ、と思います。

プリムラジュリアンの水彩画

三田 誠広さんの「マルクスの逆襲」という本を読んだのですが、今の世の中で革命が起きるとするならば、お金で全て計れる世の中からの脱却なのだ、と思います。お金が努力の対価なので、お金がこの世から無くなったり、努力している人もいない人も一律って世の中になることはないと思いますが、お金以外にも価値を見いだす世の中になるのではないか? そして、その際に、ブログやSNSの価値が見直されるような気がします。

Comment (1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です