収益性の上がるホームページ制作のご提案

宮本文昭

昨年秋、富山市にある大型ショッピングセンター「ファボーレ」に行ったときのこと。建物の真ん中にイベント会場があるのですが、多くから眺めているとそこに多くの書が飾ってありました。相田みつを氏調の文体だったので、ちょっと見てみるか、と行った感じで近づいたところ、一人の青年が、手本を見ることもなく、すらすらと書を書いているではありませんか!

それまで知らなかったのですが、「てんつくマン」という方で、相談者を前にインスピレーションで降りてきた言葉を書に書いてくださる、とのこと。何がすごい、と言って、書くスピードが非常に早いこと。考えていたらあんなに早く書ける訳がありません。たぶん、頭を空っぽにして書いているんだと思います。

家に帰り、「てんつくマン」のYoutubeを見ていたら、宮本文昭氏も仲間だというのがわかりました。ちょうど図書館に書籍があったので2冊借りてきました。この方もめちゃくちゃ明るい!経営哲学の本もいいのですが、たまにはこう言った本も活力剤になるなぁ〜。

読み進めている本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です