収益性の上がるホームページ制作のご提案

如露

佐々淳行氏の書物に中で、趣き深い漢字に出会いました。

如露

読み方はジョロ。「如雨露」で「ジョーロ」の方がわかりやすいかもしれません。

ポルトガルから伝わったジョーロの当て字として「如露」が使われたようです。
当時の日本人の洒落っ気に感動しました。ようやく暑さが厳しくなり、会社の前の植物はぐったりぎみ。朝晩の如露は欠かせないものとなっています。

ca330181

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です